[Poly] 各カメラの三脚穴

yiwagishi
Polycom Employee & Community Manager

[Poly] 各カメラの三脚穴

Poly 製品には標準三脚用ホールを備えたものがあります。代表的なものとして

  • Poly Studio E70
  • Poly Studio USB
  • Poly Studio X30
  • Poly Studio P15
  • Poly Studio P5
  • EagleEye IV USB

などになります。

 

三脚穴は各種マウントキットに固定するためのネジ穴として想定しており必ずしもカメラ用三脚に乗せることを想定したものではありません。

 

各製品の三面図情報は下記をご参照ください。

https://community.polycom.com/t5/-/-/td-p/110154

 

注意点含めてご参考までに写真で解説します。

 

Poly Studio USB

カメラそのものの重量と横へのバランスがあるため、ビデオカメラ用のしっかりした三脚が必要になります。

E4352373-9D47-4382-8B8B-EF758230D6DB.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ネジ穴のモールドが少し奥まったところから始まるため、三脚によってはしっかり固定できないかもしれません。

 

 

yiwagishi_0-1638969758627.png

 

 

 

Poly Studio X30

 

重量が700g台と軽く三脚穴付近にモールドがないため固定しやすいです。

F567231E-D139-429D-9C3D-6593987562D1.jpeg

yiwagishi_1-1638969835744.png

 

Poly Studio X50

 

本体に三脚穴はありません。別売りのテーブルスタンド v2 に三脚穴があります。ただし、サイズが 762x102x102 mm と大きいため、通常の三脚で支えることは難しいかもしれません。

 

yiwagishi_0-1638977486655.png

 

2215-86538-002

Poly Studio X50 Optional Table Stand, v2. Compatible with the Studio X50. Has PEM nut for 1/4x20 and 2 mounting holes.
 

Poly Studio P15

 

三脚穴付近に4.2 cm 程度の幅でクランプ固定用のモールドがあり三脚の種類によってはネジ穴固定が難しいです。

yiwagishi_2-1638970365913.png

 

 

31E73C5F-50D7-447D-8F08-06B080F22B29.jpeg

 

Poly Studio P5

 

軽量のため容易に三脚への設置が可能です。

ディスプレイ固定用のクランプを外すことで三脚穴が現れます。

DD257CD2-3EAB-45BB-8B0D-5F1B52F65EE3.jpeg

 

0DBF6055-77AB-4E3A-B86B-A9A840FC509C.jpeg

 

EagleEye IV USB カメラ

 

底面が平面となっているため、重量に問題がなければ容易にカメラ三脚に接続可能です。

 

yiwagishi_3-1638970455255.png

yiwagishi_4-1638970500789.png

yiwagishi_5-1638970531835.png

 

  

EagleEye IV 12x/4x カメラ

 

三脚穴は用意されていませんが、2215-68675-001 Universal Mount に Tripod adapter が含まれており、三脚穴が利用できます。

yiwagishi_0-1638970275796.png

yiwagishi_1-1638970297628.png

 

2215-68675-001 Universal Mount

 

Universal Camera Mounting for EagleEyeIV-12x&4x. Mounts on the wall/other flat surfaces over 6.5in deep or flat screen displays greater than 5/8in thick. Includes tripod mount. Also supports EagleEye Director, EagleEye HD, EagleEye III, EagleEye View.

 

Yuki Iwagishi